MENU
おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

【オーガニックとボタニカルの違い】ノンシリコン系シャンプーの種類と違いを美容師が解説

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

ノンシリコンですが、さらに専門的になってくると、オーガニックやボタニカルなどのジャンルも登場します。

  • オーガニックとボタニカルの違いは?
  • ノンシリコンとボタニカルって違うの?
  • シリコンシャンプーはダメ?

今回の記事では、こういった疑問にお答えします。

ノンシリコンは髪や頭皮に優しいという利点があるように、シリコンには髪の手触りや見た目をキレイにするという利点があるのです。これは同じようで全く別のポイントになります。

それに合わせて、オーガニックやボタニカルもそれぞれの特徴や選ぶべきポイントもあります。

自分の髪質や頭皮地肌との相性の良いシャンプーを選ぶと幸せになれるはず。

この記事を読んでほしい人
  • ノンシリコンシャンプーが好きな人
  • もっと自分と相性の良いものを探したい
  • 選ぶ目安を知りたい

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーは、シリコーンを含まないシャンプーで、自然な仕上がりを提供します。シリコンは髪に一時的なツヤを与えますが、長期的には髪の健康に良くないとされています。シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの選び方は、個人の髪質や好みによります。また、シャンプーの正しい方法についても理解することで、髪と頭皮の健康を保つことができるでしょう。

きし

まずは、ノンシリコンシャンプーについて分かりやすくお話していきます。ノンシリコンとはシャンプーの種類の1つです。自分の髪の悩みに合わせて使い分けることがベストです。

ノンシリコンシャンプーとは、シリコーン成分が配合されていないシャンプーのことです。

シリコーン成分の主な役割としては、髪をコーティングすることで、さらさら・しっとりやツヤ感、まとまりなどを向上させることができます。

そのほかにも、手触りを「しなやか」「かろやか」「さらさら」にしてくれる特徴とメリットがありますが、逆にシリコーン成分・シリコン油には、デリケートな方にとっては地肌トラブルを起こすというデメリットもあります。

髪や頭皮に良いとされるノンシリコンシャンプーですが、実のところそういうわけでもなく、シリコンシャンプーの方が、ダメージ毛やくせ毛との相性が良いことが多いです。

シャンプーやトリートメントに配合されるシリコーン成分には、さまざまな表示名称がありますが、見分けるのはとても簡単です。

大まかな種類としては、

  • ジメチルシリコーン
  • 揮発性シリコーン
  • アミノ変性シリコーン
  • ポリエーテル変性シリコーン

この4つがカテゴライズされます。

敏感肌の方の場合、コンディショニング効果のある界面活性剤にも注意が必要です。肌トラブルの原因になる恐れがあります。敏感肌の方は植物油がベースになっている&ノンシリコンのシンプルな処方の商品がおすすめ。

シリコンの表示名には共通する部分が多くあり、どれかが成分名に配合されていれば「シリコンシャンプー」となります。

ノンシリコンの種類について

ノンシリコンの種類について
きし

ノンシリコンシャンプーのカテゴリは、多岐にわたります。特に、オーガニック、ボタニカル、スカルプという3つの主要なカテゴリーがあります。これらの違いを理解することで、自分に合ったシャンプーを選ぶ手助けとなるでしょう。

ノンシリコンシャンプーの種類
  1. オーガニックシャンプー オーガニックシャンプーは、自然由来の成分を主体としています。化学物質を極力排除し、肌に優しい作りが特徴です。
  2. ボタニカルシャンプー ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分が中心です。有機栽培された植物を使用し、自然な香りと効果を楽しめますね。
  3. スカルプシャンプー スカルプシャンプーは、頭皮の健康を重視したシャンプーです。頭皮のトラブルを予防し、健やかな髪の成長をサポートします。

ノンシリコンシャンプーには、オーガニック、ボタニカル、スカルプの3つの主要なカテゴリーがあります。オーガニックは自然由来の成分を主体とし、ボタニカルは植物由来の成分が中心で、スカルプは頭皮の健康を重視しています。

これらの違いを理解することで、自分に合ったシャンプーを選ぶ手助けとなるでしょう。

  • ノンシリコンシャンプーには3つの主要なカテゴリーがあります。
  • オーガニックシャンプーは自然由来の成分を主体としています。
  • ボタニカルシャンプーは植物由来の成分が中心です。
  • スカルプシャンプーは頭皮の健康を重視しています。
  • 自分の髪質や頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶことが重要ですね。

オーガニック・ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」であることが前提

オーガニック・ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」であることが前提

シャンプーには多岐にわたる種類がありますが、特にノンシリコンシャンプーは「オーガニック」、「ボタニカル」、「スカルプ」などのカテゴリーが存在します。これらは髪や頭皮に優しいとされており、自分に合ったシャンプーを選ぶ際の重要なポイントとなります。

特にノンシリコンシャンプーには様々な種類が存在します。オーガニック、ボタニカル、スカルプなど、それぞれの特徴を理解することで、自分に合ったシャンプーを選ぶ手助けとなるでしょう。

  1. シャンプーの大きなカテゴリー シャンプーは大きく「サロンシャンプー」と「市販シャンプー」に分かれます。さらに、それぞれの中に「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」が存在します。
  2. ノンシリコンシャンプーの種類 ノンシリコンシャンプーには「オーガニック」、「ボタニカル」、「スカルプ」などの種類があります。これらは髪や頭皮に優しいとされております。
  3. オーガニックとボタニカルの違い オーガニックとボタニカルの違いは、「植物由来」と「有機栽培」にあります。成分構成の違いはあるものの、同じジャンル・カテゴリのシャンプーとなります。

シャンプーの選び方は個人の髪質や好みによりますが、ノンシリコンシャンプーの種類を理解することで、より適切な選択が可能となるでしょう。

項目説明
サロンシャンプー専門店で販売されるシャンプーです。
市販シャンプー一般の店舗で販売されるシャンプーです。
オーガニックシャンプー有機栽培の成分を使用し、化学物質を極力排除しています。
ボタニカルシャンプー植物由来の成分が中心で、自然な香りと効果を楽しめますね。
スカルプシャンプー頭皮の健康を重視し、頭皮のトラブルを予防します。
目次に戻る

ノンシリコン系のシャンプーの特徴を比較

ノンシリコン系のシャンプーの特徴を比較
きし

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴について比較していきます。どちらにも良い特徴があるので、あなたに合ったものを選ぶことが大切になります。

実は、それぞれのメリットは明確にあって、どちらの方が優れいているということはありません。

シリコンの特徴

シリコンの特徴
  • 髪がキレイになる
  • 幅広いシャンプーの種類
  • 髪を守る
  • 軽め〜重めの幅広い保湿効果
  • 価格が安いものがあるが、油溶性シリコンもあるので注意が必要

シリコンシャンプーの特徴の大きなポイントは、髪がキレイになるということです。

シリコンは人工的に「髪をキレイにする」成分が入れられているので、そのコンセプトに沿って忠実にキレイにしてくれます。

しかし、油溶性シリコンは、主に市販で販売されているシャンプーに多く配合されているため、市販シャンプーは良くないとされることが多いです。

ノンシリコンの特徴

ノンシリコンの特徴
  • 頭皮や地肌、髪に優しい
  • 地肌から塗布できるので保湿効果がある
  • 軽めの保湿
  • 髪はきしみやすい

ノンシリコンシャンプーの特徴の大きなポイントは、頭皮や地肌、髪に優しいということです。

ノンシリコンのほとんどが、自然由来のオーガニックやボタニカルシャンプーになっているので、できるだけカラダに良いものを使いたいという人に、おすすめのシャンプーです。

しかし、自然由来のものは髪をキレイにする成分が、シリコンシャンプーに比べて少ないので、髪のきしみなどは気になる傾向にあります。

オーガニックの特徴

オーガニックの特徴
  • 有機栽培成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はきしみやすい

有機栽培の有効成分を使用しているため、オーガニックシャンプーは無添加の物が多くて、髪、頭皮や地肌に優しいシャンプーが特徴です。

ラウロイルメチルアラニンナトリウム」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるためオーガニックシャンプーに使用されることが多いのです。

ボタニカルの特徴

ボタニカルの特徴
  • 植物由来成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はオーガニックよりはきしみにくい
  • 価格が高価

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

オーガニックシャンプーでは地肌頭皮には良い反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、ボタニカルシャンプーではしっとりさせる成分も含んでいるのが特徴の1つでもあります。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

スカルプシャンプーの特徴

スカルプシャンプーの特徴
  • 地肌に髪に優しい
  • 地肌から塗布できるので保湿効果がある
  • 軽めの保湿
  • 髪はきしみやすい

スカルプシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、地肌をケアしながらスッキリと爽やかに洗い上げるのが、大きな効果です。

とくに地肌の保湿に特化している構成なので地肌トラブルを改善しやすい。

目次に戻る

「ノンシリコンシャンプー」のノンシリコンって?

「ノンシリコンシャンプー」のノンシリコンって?

ノンシリコンシャンプーとは、上記にある人工的なシリコンが使われていないシャンプーのことをいいます。

シリコンが使われていないシャンプーのカテゴリとしては…

この3種類です。

オーガニック・ボタニカル・スカルプも「ノンシリコン」が多い

オーガニック・ボタニカル・スカルプも「ノンシリコン」が多い

オーガニックシャンプー・ボタニカルシャンプーのほとんどがノンシリコンシャンプーとなっています。

ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、両方とも安全性は同じですが、「植物由来」と「有機栽培」との違いがあります。

頭皮や髪に優しいということをコンセプトとしてつくられているために、これらのノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良いのです。

シャンプーの違いを図解にしてみるとこんな感じになります。

まずシャンプーという大きなカテゴリーから派生するのが、

①「サロンシャンプー」と「市販シャンプー」です。

そこから派生するのが

②「シリコンシャンプー」か「ノンシリコンシャンプー」

シリコンシャンプーには、アミノ酸系(ノンシリコンにもたくさんある)や高級アルコール系などあります。

ノンシリコンシャンプーの中に「オーガニック」、「ボタニカル」、「スカルプ」などがあるのです。

「ノンシリコンとボタニカルの違いって何?」

という質問の答えは、成分構成の違いはあるものの同じジャンル・カテゴリのシャンプーになります。

「シリコン」と「ノンシリコン」はどちらが選ぶか?

「シリコン」と「ノンシリコン」はどちらが選ぶか?

良いシャンプーかどうかというのは、「シリコンシャンプー」か「ノンシリコンシャンプー」かでは決めれません。

それよりも、自分と相性の良いシャンプーを探すことが大切になります。

というのも、「シリコンシャンプーは有効成分を使っていないのか?」というとそういうわけではなく、シャンプーによって成分は違います。

逆に、自然由来成分を配合しているオーガニックシャンプーも、完全に安心かといえばそうでもなく、どのくらいの自然由来成分を配合しているかによって、変わります。

シリコンシャンプーのシリコンは、

  • 「毛穴にシリコンがつまり薄毛になる原因になる」
  • シリコンがあると髪を乾かすと焼けてしまう」

など、シリコンのデメリットばかりが先行してネット上であげられています。これはとても悪い例です。

シリコンには髪をキレイにする有効成分が多く含まれているのです。

シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーもどちらも良いものなのです。

どのくらいの割合でどれだけ配合しているかというのは、じつのところ使ってみないとわからないので、シリコンだからノンシリコンだからと言って決まるわけではありません。

つまり、シリコンとノンシリコンとは、あなたに合ったシャンプーを探す目安なのです。

良いシャンプーというは、シリコンシャンプーであろうとノンシリコンシャンプーであろうと、髪にも頭皮にも良いということです。

選ぶ目安
  • 頭皮を優先か
  • 髪を優先か
  • ほんの一例にはなりますが、こうやって細分化していくことで、選ぶ目安にもなります。
  • ショートヘア?
  • ロングヘア?
  • 髪は不滅細胞なので、ダメージを直すといった概念ではなく、防ぐという考え方が正しいです。そうなってくると選び方がわかりやすくなります。
  • 頭皮は乾燥しやすい?
  • 髪はダメージ毛?
  • もちろん組み合わせ次第によっても違ってきますが、まずは自分なりに考えて選ぶようにしましょう。
目次に戻る

ノンシリコン系シャンプーの正しい使い方

ノンシリコン系シャンプーの正しい使い方
きし

ノンシリコン系シャンプーは、軽やかな質感とサラッとした洗い上がりが特徴ですが、その反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなることがあります。そこで、今回はそのデメリットを解決するための正しい使い方についてお話しいたします。

ひろせ

そのデメリットを解決するには、シャンプーの使い方に工夫が必要があります。ここではスカルプやボタニカルシャンプーを上手く使う方法を話していきます。

  1. シャンプーの目的の認識
    • 汚れを落とす、キレイにする、スッキリする、リラックスするなど、さまざまな目的があります。
    • 今回は、キレイに洗髪し、髪への負担を減らすことを重点にお伝えします。
  2. 髪を優しく扱う重要性
    • 髪を優しく扱うことで、髪の負担は減り、結果として髪はキレイになります。
  3. 6つの工夫
    • お風呂前のブラッシング、シャンプー前のお湯すすぎ、泡立て、予洗い、洗い方、トリートメントなど、これらの工夫が必要です。
  4. ボタニカルシャンプーのデメリットと解決法
    • 泡立ちが悪い、匂いが残る、髪がきしむなどのデメリットがありますが、正しいシャンプー法で解決できます。

まずは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  • 「汚れをおとす」
  • 「キレイにする」
  • 「スッキリする」
  • 「リラックスする」

このように、さまざまな目的があると思います。

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということを重点にお伝えしますので、自分の目的に合う人は読み進めてください。

髪をキレイにするシャンプーには、重要なポイントがあります。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

あとがき

きし

さまざまなシャンプーの違いについてまとめてみました。よく聞くのは、シリコンシャンプーはダメっていう話ですが、ダメってわけじゃないですからね。

シリコンというのは、ほとんどのシャンプーには入っていて、シリコンがあることにより髪はキレイになります。けっしてシリコンが悪いわけでもありません。

ノンシリコンでは、オーガニックやボタニカルというシャンプーがどんどん増えてきていますが、ノンシリコンが確実に良いというわけもないのです。

自分に合うシャンプーを見つけることが、これからは大切になってくるのです。

あなたが使いたいシャンプーはどれですか?

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次