MENU
おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

オーガニックシャンプーとは?オーガニックの特徴とそれぞれの違いについてを美容師が解説

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

オーガニックシャンプーとは何でしょうか?普通のシャンプーと何が違うのでしょうか?このような疑問をお持ちの方も多いかと思います。近年、オーガニックという言葉が多岐にわたって使用されておりますが、シャンプーにおいてもその波が押し寄せています。今回は、オーガニックシャンプーの特徴と、通常のシャンプーとの違いについて、初めての方にも分かりやすくご紹介いたします。

通常のシャンプーとオーガニックシャンプーの主な違いは、使用される成分とその効果にあります。

通常のシャンプーは洗浄力を重視し、化学成分が多く含まれることが一般的です。一方、オーガニックシャンプーは自然由来の成分により、頭皮と髪への負担を軽減し、健康的な髪へと導きます。

そんなオーガニックシャンプーですが、頭皮や髪にいいってことは分かるものの、実際のところでは内容自体よく分からないというのが大半です。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプーとは?
きし

オーガニックシャンプーは、自然由来の成分で頭皮と髪に優しく、環境にも配慮されています。通常のシャンプーとの違いを理解し、自分のライフスタイルや髪のタイプに合ったシャンプーを選ぶことで、より健康的な髪の毎日を迎えることができるでしょう。

オーガニックとは、化学肥料や化学的に作られた農薬を使用せず、有機肥料で植物や果実を栽培する方法です。厳しい基準をクリアしたものだけがオーガニックと認定されます。

オーガニックシャンプーの特徴

オーガニックシャンプーの特徴
項目説明
オーガニックの意味化学肥料や農薬を使用せず、有機肥料で栽培。
オーガニックの認定基準3年間の化学肥料非使用、遺伝子組み換え原料不使用など。
オーガニックシャンプーの定義着色料や香料、石油系成分を避け、天然原材料使用。
オーガニックシャンプーの特徴界面活性剤不使用で敏感肌にも適し、天然由来の香料。

オーガニックシャンプーは、着色料や香料、石油系成分を避け、天然の原材料を使用したシャンプーです。植物性成分を主体としており、敏感肌の方にもおすすめです。

オーガニックの認定基準

オーガニックと認定されるためには、以下の基準を満たす必要があります。

  1. 3年間化学肥料や農薬を使用していない土地での栽培
  2. 遺伝子組み換えの原料、化学合成農薬、化学肥料を使用しない
  3. 放射線を照射しない

オーガニックシャンプーの定義

オーガニックシャンプーは、一般的なシャンプーに含まれる界面活性剤を使用していないため、皮膚にトラブルを抱えている方にも安心してお使いいただけます。香りも天然由来の香料を使用しています。

オーガニックシャンプーは、自然と人々の健康を大切にした製品です。化学成分を避け、天然の原材料を活用することで、私たちの身体と地球に優しい選択となるでしょう。

オーガニックシャンプーは、化学肥料や化学的に作られた農薬を使用せず栽培された原材料を使用しています。そのため、敏感肌の方や皮膚にトラブルを抱えている方にも安心してお使いいただける製品となっております。オーガニックの認定基準を満たした原材料のみを使用し、人々の健康と地球環境に配慮したシャンプーです。自然の恵みを感じながら、健康的な髪の毎日を迎える一助となるでしょう。

オーガニックの意味や魅力

オーガニックの意味や魅力
ひろせ

オーガニックシャンプーは、化学肥料や農薬を使用せずに育てられた成分を使用し、頭皮と髪に優しい製品です。人体に対する安全性が高く、地肌トラブルの軽減などの効果が期待できます。しかし、種類が少ないため、選び方には注意が必要です。価格も高いことがあるため、自分のニーズに合った製品を選ぶことが重要です。

オーガニックシャンプーは、化学肥料や農薬を使用せずに育てられた有機栽培の成分を使用したシャンプーです。頭皮や髪に優しく、安全性が高いとされています。

オーガニックシャンプーの意味や魅力はこんな感じです。

  1. 有機栽培成分中心: 人体に安心・安全な成分を使用。
  2. 種類が少ない: まだ市場には多くの種類が存在していません。
  3. 地肌トラブル軽減: 敏感肌やアレルギーの方にも効果的。
  4. 使用感が微妙: 髪がきしみやすいこともあるため、選び方に工夫が必要。

オーガニックシャンプーを選ぶ際には、「オーガニック」という言葉だけで判断せず、成分や配合割合を確認することが重要です。価格が高いこともあるため、自分のニーズに合った製品を選ぶよう心がけましょう。

  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム

と、いったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるためオーガニックシャンプーに使用されることが多いです。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高く、その分シャンプーが高価になりがちです。

オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

オーガニックシャンプーはノンシリコンの種類の一つ

オーガニックシャンプーはノンシリコンの種類の一つ
きし

シャンプーの選び方は、多岐にわたる種類と特徴があるため、非常に複雑です。特にオーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは、初心者にとっては混乱することが多いでしょう。本記事では、これらの違いと特徴について、分かりやすくご説明いたします。

  1. オーガニックシャンプー: 多くがノンシリコンの一種で、頭皮や髪に優しい。
  2. シャンプーのカテゴリー: サロン、市販、シリコン、ノンシリコンなど多岐にわたる。
  3. オーガニックとノンシリコンの関係: 同じカテゴリーに属することが多い。
  4. 選び方の注意点: シリコンを含むオーガニックシャンプーも存在するため注意が必要。

オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの関係

オーガニックシャンプーは、多くの場合、ノンシリコンシャンプーの一種となっております。しかし、中にはシリコンを含むオーガニックシャンプーも存在します。

シャンプーのカテゴリー

シャンプーは大きく以下のカテゴリーに分かれます。

  1. サロンシャンプー市販シャンプー
  2. シリコンシャンプーノンシリコンシャンプー
    • ノンシリコンシャンプーには「オーガニックシャンプー」、「ボタニカルシャンプー」、「スカルプシャンプー」

オーガニックとノンシリコンの違い

オーガニックとノンシリコンは、実は同じカテゴリーに属することが多いです。しかし、シリコンタイプのオーガニックシャンプーも存在するため、選ぶ際には注意が必要です。

オーガニックシャンプーは、多くがノンシリコンシャンプーの一種で、頭皮や髪に優しい成分を使用しています。しかし、シリコンを含むオーガニックシャンプーも存在するため、選ぶ際には注意が必要です。シャンプーは「サロンシャンプー」、「市販シャンプー」、「シリコンシャンプー」、「ノンシリコンシャンプー」など、多岐にわたるカテゴリーがあります。オーガニックとノンシリコンは、実は同じカテゴリーに属することが多いですが、自分の髪質や頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶためには、これらの違いを理解することが重要です。

目次に戻る

オーガニックシャンプーを使う際に気をつけること

オーガニックシャンプーを使う際に気をつけること

オーガニックシャンプーの人気が高まっていますが、その使用には注意が必要な点がいくつかございます。この記事では、オーガニックシャンプーを使う際に気をつけたいポイントについて、初心者の方にも分かりやすくご紹介いたします。

  1. 消費期限に注意: 添加物が少ないため、期限内に使い切る。
  2. 植物アレルギーの対策: 使用前にパッチテストなどを行う。
  3. 泡立ちの特性: 泡立ちが少ないため、強くこすらず優しく洗う。
  4. 髪への優しさ: 髪を傷つけないように注意する。
  5. 結論: 基本的な注意点を守ることで、健康的な髪へ導く。
項目説明
消費期限に注意添加物や防腐剤が少ないため、期限内に使い切ることが重要です。
植物アレルギーの対策植物由来の成分が多いため、使用前にテストが必要です。
泡立ちの特性泡立ちが少ないため、強くこすらず優しく洗うようにしましょう。
髪への優しさ髪を傷つけないように注意することで、髪の健康を保ちます。
結論オーガニックシャンプーの利点を最大限に活かすために、基本的な注意点を守ることが重要です。

消費期限に注意する

消費期限に注意する

オーガニックシャンプーは、添加物や防腐剤が少ないため、消費期限が一般のシャンプーに比べて短いことがあります。使用する際には、消費期限を確認し、期限内に使い切るよう心がけましょう。

植物アレルギーを持つ方の注意点

オーガニックシャンプーの原材料は主に植物由来です。植物に対するアレルギーをお持ちの方は、使用前にパッチテストなどを行い、頭皮への影響を確認することが重要です。

泡立ちに関する注意

オーガニックシャンプーは泡立ちが少ないため、つい強くこすり洗いしてしまうことがあります。しかし、これは髪を傷つける恐れがあるため、優しく洗うようにしましょう。

オーガニックシャンプーは、添加物や防腐剤が少ないため、消費期限に注意が必要です。また、植物由来の成分が多いため、植物アレルギーをお持ちの方は使用前にテストが必要です。泡立ちが少ない特性から、強くこすり洗いすることがありますが、髪を傷つける恐れがあるため控えるようにしましょう。これらの注意点を守ることで、オーガニックシャンプーの利点を最大限に活かすことができます。

目次に戻る

最適なオーガニックシャンプーを選ぶなら

最適なオーガニックシャンプーを選ぶなら

オーガニックシャンプーの選び方は、一見シンプルに見えるかもしれませんが、実際には多岐にわたる要素が考慮されるべきです。この記事では、初心者の方にも分かりやすく、オーガニックシャンプーの選び方についてご紹介いたします。

  1. 自分の髪質に合わせる: 髪質と目標に合ったシャンプーを選ぶ。
  2. 成分表示の確認: 完全オーガニックを求める場合は成分をチェック。
  3. 香りで選ぶ: 自然由来の香りでアロマテラピー効果も。
項目説明
自分の髪質に合わせる髪質と目標に合ったシャンプーを選ぶことが基本です。
成分表示の確認完全オーガニックを求める場合は、成分表示をよく確認しましょう。
香りで選ぶ自然由来の香りで、アロマテラピー効果も期待できます。

自分の髪質に合わせる

自分の髪質に合わせる

オーガニックシャンプーを選ぶ際の最初のステップは、自分の髪質と目標とする髪質に合わせることです。例えば、細い髪を持つ方がボリューム感を求める場合、ボリューム重視のシャンプーを選ぶと良いでしょう。

成分表示の確認

オーガニックシャンプーと称される商品でも、一部の成分だけがオーガニックであることがあります。完全オーガニックを求める方は、成分表示をよく確認し、全ての成分が自分の求める基準に合致しているかをチェックしましょう。

香りで選ぶ

オーガニックシャンプーの香りは、自然由来のものや精油が使用されることが多いです。アロマテラピーの効果も期待できるため、好みの香りでシャンプーを選ぶのも一つの方法です。

オーガニックシャンプーを選ぶ際には、自分の髪質と目標とする髪質に合わせることが重要です。また、完全オーガニックを求める方は成分表示をチェックし、好みの香りで選ぶのもおすすめです。これらの要素を考慮することで、自分に最適なシャンプーを選ぶことができます。

目次に戻る

オーガニックシャンプーの効果を最大限に発揮する

オーガニックシャンプーの効果を最大限に発揮する

オーガニックシャンプーの効果を最大限に引き出すための方法と、購入先についてのガイドをご紹介いたします。初めての方でも安心してお使いいただけるよう、具体的な手順とおすすめの購入場所を解説いたします。

  1. クシで汚れを浮かせる: シャンプー前の準備として効果的。
  2. お湯洗いで汚れを落とす: シャンプーの効果を高める。
  3. 美容室で購入: プロのアドバイスを受ける。
項目説明
クシで汚れを浮かせるシャンプー前にクシで髪をとかすと、頭皮の汚れが浮きます。
お湯洗いで汚れを落とすオーガニックシャンプーの効果を高めるため、先にお湯で洗うとよいです。
美容室で購入美容師さんの知識を活用して、こだわりのシャンプーを選びましょう。

シャンプー前の準備

シャンプー前の準備
  • クシで汚れを浮かせる: シャワー前に髪をとかすことで、頭皮の汚れが浮き、シャンプーがより効果的になります。
  • お湯洗いで汚れを落とす: オーガニックシャンプーの洗浄力は穏やかなため、先にお湯で洗うと効果が高まります。

シャンプーの泡立ちが悪いと感じることは、シャンプー剤の品質が悪いわけではなく、泡立ちと洗浄力は別のものです。

泡立ちを悪くする要因として、ライフスタイルやシャンプーの方法が影響することがあります。

シャンプー前の準備、予洗い、泡立ての方法など、正しい手順を踏むことで、泡立ちが改善され、髪と頭皮に優しいケアが可能になります。

  1. 泡立ちと品質: 泡立ちが悪いからといって、シャンプー剤が悪いわけではない。
  2. 泡立ちの誤解: 泡立っていなくても、汚れは取れている。
  3. 泡立ちを悪くする要因: ライフスタイルやシャンプーの方法が影響。
  4. シャンプーの手順: シャンプー前の準備、予洗い、泡立ての方法が重要。
  5. 髪と頭皮へのケア: 正しい手順で、髪と頭皮に優しいケアが可能。

泡立ちとシャンプーの品質

泡立ちが悪いとシャンプー剤が悪いというイメージを持つ方が多いですが、それは誤解です。泡立ちが悪いものでも、シャンプーの品質が良いものがあります。泡立っていなくても、汚れはちゃんと取れています。

泡立ちを悪くする要因

シャンプー剤以外にも、泡立ちを悪くする要因があります。例えば、ワックスのつけすぎや一日中の労働などが挙げられます。こういった場合は、シャンプーの方法を改善することで、清潔な状態を目指しましょう。

シャンプーの手順

  • シャンプー前の準備: 髪をよく濡らし、しっかりとすすぐことで泡立ちはよくなります。
  • 予洗いの重要性: 余分なものを取り除くために、30秒ほどの軽めのシャンプーが効果的です。
  • 泡立ての方法: シャンプー剤は手のひらで泡立ててから髪につけると、髪への負担が軽減されます。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

無添加との違い

無添加との違い

オーガニックシャンプーの世界は、多岐にわたる種類と特徴があります。特に「無添加」、「ノンシリコン」、「ボタニカル」の3つの用語はよく耳にしますね。これらの違いについて、初心者の方にも分かりやすく解説いたします。

  1. 無添加: 頭皮に優しい成分で、敏感な方に適しています。
  2. ノンシリコン: 髪の健康を重視し、シリコンの負担を避けたい方におすすめです。
  3. ボタニカル: 植物由来の成分を活用し、髪に活力を与えます。
項目説明
無添加頭皮に優しい成分で作られ、敏感な方にも適しています。
ノンシリコン髪の健康を重視し、シリコンの負担を避けたい方におすすめです。
ボタニカル植物由来の成分を活用し、髪に活力を与えます。

無添加とは?

無添加とは?

無添加シャンプーは、頭皮や髪に優しい成分で作られております。一般的なシャンプーに含まれる石油系の界面活性剤とは異なり、天然のエッセンシャルオイルや植物オイルが配合されています。敏感な頭皮にも安心してお使いいただけるでしょう。

ノンシリコンとは?

シリコンは髪を滑らかにする成分ですが、頭皮への負担やカラーの持ちが悪くなることがあるため、シリコンを配合しないノンシリコンシャンプーが人気です。髪の健康を考えるなら、ノンシリコンがおすすめです。

ボタニカルとは?

ボタニカルシャンプーは、植物由来のエキスやオイルが配合されています。植物の効能を活かして、髪と頭皮に活力を与えることができます。ただし、ボタニカル=オーガニックではないので、表示をよく確認することが重要です。

オーガニックシャンプーには「無添加」、「ノンシリコン」、「ボタニカル」の3つの主要な種類があります。無添加は頭皮に優しい成分で作られ、敏感な方にも適しています。ノンシリコンは髪の健康を重視し、シリコンの負担を避けたい方におすすめです。ボタニカルは植物由来の成分を活用し、髪に活力を与えます。これらの違いを理解し、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

目次に戻る

あとがき

きし

オーガニックシャンプーとは「有機栽培」で、頭皮地肌への負担を軽くしているのでアレルギーがある・頭皮が敏感(びんかん)な人におすすめです。

ひろせ

しかし、使用感が微妙なものが多いため、ダメージ毛の人や髪を傷ませたくない人には不向きになるかもしれません。

オーガニックシャンプーはほとんどが、ノンシリコンシャンプーになっているのでアレルギーのある人や、フケのでやすい乾燥肌の人には効果的なシャンプーの一つです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次