MENU
おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

アンレーベルラボはどっちがいい?全シャンプー2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

アンレーベルラボは、美容液並みの高いケア効果を持つ美容製品を中心としたブランドです。製品開発のコンセプトは、科学的根拠に基づいた成分とテクノロジーを活かし、目に見える効果を実感できるアイテムを提供すること。全種類に共通していますが、各製品はその特有の有効成分や香り、質感によって異なる悩みにアプローチします。

超高圧浸透型ハイドロコラーゲンが配合されており、これが非常に特徴的な点です。一般的なコラーゲンよりも分子サイズが小さく、肌や髪に浸透しやすいとされるこの成分は、うるおいを与えながら弾力性を向上させる効果が期待できます。肌や髪に潤いを保ちながら、乾燥による悩みに対応したケアを実現し、持続的に美しく健康な状態を維持します

結論からになりますが、悪い口コミや評判では「頭皮がべたつく・かゆみがでた」「髪がパサつく」「匂いが強い」「カラー・パーマがしづらくなる」などがありますが、個人的にはそんなことはないと考えています。むしろ「使いやすいシャンプー」だと思わされるほどハイクオリティでした。

今回の記事では、unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーシリーズのシャンプーの特徴やどっちを選ぶべきか悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーの全種類の特徴

unlabel LAB(アンレーベル ラボ)は、独自の美容成分を配合したスキンケアやヘアケア商品を提供しているブランドです。このブランドの製品は、日々のケアに科学的根拠を取り入れたいと考える方に適しており、潤いや補修、エイジングケアに着目したラインナップが特徴です。多数ある種類の製品はそれぞれ、配合された有効成分の種類や濃度の違いによって異なる効果を持っています。

超高圧浸透型ハイドロコラーゲンを配合

unlabel LABの中でも特に注目されているのが、超高圧浸透型ハイドロコラーゲンを配合した製品です。このコラーゲンは、皮膚の奥深くまで届くように設計されており、水分保持力が高く、肌や髪に与える保湿効果が期待できます。コラーゲンが豊富に含まれることで、弾力のあるみずみずしい肌や髪へと導くことができるでしょう。
この配合成分は、特に乾燥や細くなりがちな髪の毛へのケアを徹底的に行いたいという方に適しています。インターネット上でも、「アンレーベル ラボ シャンプー 口コミ」や「アンレーベルラボ 効果」などのキーワードで検索すると、多くのユーザーが実感した結果がみられます。

髪に潤いや補修の効果がある成分を配合

unlabel LABはただ単に潤いを与えるだけでなく、髻に潤いを与えながらダメージを補修する成分も配合しています。たとえばセラミドやビタミンC誘導体、レチノールなどの美容成分が含まれており、これらは肌のバリア機能を支える効果や、アンチエイジング効果が期待されます。
製品を選ぶ際には、「アンレーベルラボ ビタミンC誘導体 口コミ」「アンレーベルラボ レチノール 口コミ」などで情報を収集するのも一つの手です。さまざまなユーザーの声を参考にして、自分に合うケアを見つけましょう。

髪の乾燥やダメージに対する集中的なケア

unlabel LABの製品群には、髪の乾燥やダメージに特化した集中ケアが可能なラインナップが揃っています。例えば、「アンレーベルラボ シャンプー モイスト」や「アンレーベルラボ v エッセンス」は、ダメージを受けやすい髪質を持つ方から特に支持を受けています。髪の内部にまで栄養を届けることで、髪本来の美しさを取り戻すことができるでしょう。また、使用する順番も重要で、「アンレーベルラボ 使い方 順番」を調べて正しく使用することで、最大限の効果を引き出すことができます。

フルーティムスクの香りが髪に爽やかな香り

製品の機能性だけでなく、使用感にもこだわりを持つunlabel LABでは、香りにも配慮がなされています。特に人気があるのは、フルーティムスクの香りです。これは髪にさりげなく香るよう設計されており、日常生活でほのかに香ることで気分をリフレッシュさせてくれます。香りに敏感な方や日々のケアをより楽しみたい方に適しており、「アンレーベル ラボ シャンプー 金木犀」といった特定の香りを好む方もいます。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプー シャンプーシリーズ
  • unlabel LAB(アンレーベル ラボ) モイストケア集中美容液シャンプー
  • unlabel LAB(アンレーベル ラボ) ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) モイストケア集中美容液シャンプー

全成分を見る

シャンプー

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメチルMEA、ラウリルベタイン、ラウロイルアスパラギン酸Na、テトラオレイン酸ソルベス-40、コカミドMEA、イソステアロイル加水分解コラーゲン、マレイン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ココイル加水分解コラーゲンK、ココイル加水分解ケラチンK(羊毛)、ケラチン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、ポリクオタニウム-53、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、リンゴ酸ジイソステアリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシエチルウレア、イソステアリン酸、クオタニウム-18、クオタニウム-33、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、DPG、EDTA-2Na、塩化Na、クエン酸、PG、フェノキシエタノール、香料

unlabel LABのモイストケア集中美容液シャンプーは、その名の通り、乾燥する髪をしっとりと保湿しながらケアするのに特化したシャンプーです。

このシャンプーには、保湿成分が豊富に含まれており、髪の1本1本をコーティングして湿度の低い環境でも水分が逃げにくい状態を保ちます。さらに、毛髪への浸透力を高めた成分がダメージを補修し、柔軟性とツヤを与えます。使用することで、「アンレーベルラボ シャンプー 口コミ」や「アンレーベルラボ 効果」にあるような秀逸な結果を実感することができるでしょう。

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー

全成分を見る

シャンプー

水、ココイルメチルタウリンタウリンNa 、ココイルメチルタウリンNa 、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、コカミドメチルMEA 、デシルグルコシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、マレイン酸、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP 、イソステアロイル加水分解シルク、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) 、フラーレン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ココイル加水分解ケラチン、ココイル加水分解コラーゲンK 、ラウロイルメチルアラニンNa 、ラウラミドプロピルベタイン、スクワラン、グリチルリチン酸2K 、アラントイン、ポリクオタニウム-47 、ポリクオタニウム-10 、クオタニウム-18 、クオタニウム-33 、イソステアリン酸、イソノナン酸イソノニル、グリセリン、コレステロール、エチドロン酸4Na 、クエン酸、PG 、安息香酸Na 、フェノキシエタノール、香料

こちらは、ビタミンC誘導体を配合した美容液シャンプーです。ビタミンCには抗酸化作用があり、日々の紫外線やストレスから髪を守る助けになります。このシャンプーの使用によって、頭皮環境を健やかに保ちながらも、清潔にすることができます。

ビタミンC誘導体を配合したunlabel LAB(アンレーベル ラボ)の美容液シャンプーは、髪に明るさとツヤを与えることに特化しています。この成分は頭皮の健康も考慮されており、抗酸化作用によって頭皮環境の改善に寄与します。日々の使用で、カラーリングによるダメージを受けた髪も、徐々に生き生きとした状態へと導かれるでしょう。

目次に戻る

美容師が教える!unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーの選び方

髪の状態や目的に応じて最適なアンレーベル ラボのシャンプーを選ぶことは、毎日のヘアケアでは非常に大切です。

様々なタイプの商品がありますので、それぞれの特徴を理解し、自分の髪質やスタイリングの要望に合わせて選択することをお勧めします。実際に使ってみた感想や口コミなども参考にしながら、自分に合った製品を探してみましょう。

まずは髪の状態を知る

シャンプーを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。髪が乾燥しているのか、脂性なのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合ったシャンプーを選ぶことができます。例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富なシャンプーがおすすめです。

髪質によって求めるケアは異なります。アンレーベルラボのシャンプーは、様々な髪質に合わせた商品が特徴です。

軟毛やボリュームアップなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー」

軟毛や細い髪でボリュームに悩んでいる方には、「unlabel LAB ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー」がおすすめです。ビタミンC誘導体が髪の奥深くまで浸透し、ヘアケアを科学的なアプローチでサポートしてくれます。さらに、この商品は軟毛の方の口コミで評判が高く、使い続けることで髪に弾力と立体感を与える効果が期待されます。

バランス型・迷ったら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

どのシャンプーを選ぶか迷ったときには、バランス良く配合されている「unlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」が適切です。しっとり感と洗い上がりの軽さを求める多くのユーザーから高い評価を得ています。このシャンプーは髪の潤いを保ちながら、健康的で美しい髪質へと導く力があります。

しっとり・ボリュームダウンなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

髪のボリュームを抑え、しっとりとした仕上がりを求める方には、同じく「unlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」が推奨されます。このシャンプーは保湿成分が豊富に含まれており、髪が受ける外部からの刺激から保護しながら、柔らかく落ち着いたヘアスタイルを実現します。

シャンプーの成分の内容について

次に、シャンプーの成分をチェックします。これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。このように、シャンプーの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できるシャンプーを選ぶことができます。

パーマやヘアカラー、頭皮ケアに配慮した成分選びも重要です。

パーマなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー」

パーマヘアの方には、ビタミンC誘導体配合の「unlabel LAB 美容液 シャンプー」がお勧めです。パーマでダメージを受けやすい髪に必要な栄養を補い、健康的な状態を保つ手助けをしてくれます。成分に注目した口コミでも、パーマヘアをしっかりケアしてくれると好評です。

ヘアカラーなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

カラーリングしている髪には「unlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」が適しています。色持ちを良くし、ヘアカラーによる髪のダメージを穏やかにケアします。製品のレビューや口コミでもヘアカラー後の髪質の変化を感じることが多く、その効果に対する評価が目立ちます。

頭皮ケアなら「どちらでも」

頭皮ケアを検討されている方は、「unlabel LAB ビタミンC誘導体 シャンプー」と「unlabel LAB モイストケア シャンプー」の両方から選ぶことができます。どちらの商品も頭皮に潤いを与えながら、清潔に保つ成分が含まれており、健康な毛髪へ導くサポートをします。

アンレーベルラボのシャンプーはどちらも頭皮に優しい成分を使用していますので、選んで間違いありません。ただし、個々の頭皮の状態に応じて最適な商品を選ぶことが重要です。

シャンプーの香りも大事

最後に、シャンプーの香りも大切です。シャンプーを使うとき、その香りに癒されることで、洗髪時間がリラックスタイムに変わります。今回のシリーズのシャンプーは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りのシャンプーを選ぶことで、毎日の洗髪が楽しみになりますよ。

香りは「フルーティームスク」と「フローラルカシス」と共通の花の香りなのでどちらでも

unlabel LABのシャンプーは、「フルーティームスク」と「フローラルカシス」という、どちらも個性的で心地よい香りが特徴です。花の香りが共通しているため、好みに応じて選ぶことができます。香りに対する評判や口コミも非常に良く、使用感だけでなく心地よい香りも一日中楽しむことが出来ます。

お好みの香りで選んでいただけます。香りによるリラックス効果も享受しながら、髪と頭皮のケアを行うことができるでしょう。フルーティームスクは甘く爽やかな印象を、フローラルカシスは上品で落ち着いた印象をそれぞれ与えます

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とおすすめのunlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーシャンプー

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプー シャンプーシリーズ

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーのシャンプーは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめのシャンプーを紹介します。

ヘアケア製品選びは髪質やライフスタイルに大きく左右されます。今回、私たちの間で良い噂を聞いた「アンレーベル ラボ」のシャンプーを使ってみました。使い方や効果、口コミをもとにした実体験からその真価を探ります。商品を選ぶ際のポイントも併せてお伝えしていきますから、最適なヘアケアアイテム選びの参考にしていただければと思います。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

ヘアケアを追求する当ブログでは、多数の製品を比較検討する中で、「nlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」の高いパフォーマンスに注目しました。抜群の保湿力を誇り、毛先のパサつきが気になる人や、ケミカルダメージを受けがちな髪質の人に特におすすめです。

使用感は非常に良く、リッチな泡立ちで頭皮に優しい洗い上がりを実現。しかも、セラミドなどの保湿成分がしっかりと髪に浸透し、洗った後のしっとり感が長時間続きます。口コミや効果を騰貴してみると、実際に使った多くのユーザーがその潤いとハリ・コシに満足していることが伺えます。

アンレーベルラボの他の製品と比較しても、モイストケア集中美容液シャンプーはバランスの取れた使い心地で、幅広い髪質の人にマッチする万能型といえるでしょう。金木犀をイメージした香りも上品で、リラックスしたバスタイムに貢献します。

くせ毛におすすめなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

くせ毛が気になる方にこそ、使い方にも気を配った「nlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」をおすすめします。くせ毛の原因の一つに水分不足がありますが、このシャンプーに含まれている潤い成分が、髪に必要な水分をしっかりと補給し、くせ毛による広がりを抑制します。

具体的な効果としては、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が、シャンプーの際に髪の内部に浸透。これにより、髪に潤いを与え、乾燥から守りながらも、自然なまとまりを実現します。さらにアンレーベルラボ製品の中でも、特にノンシリコン処方にこだわることで、頭皮への負担も軽減されている点がクセ毛を持つ人に選ばれる理由の一つでしょう。

ドラックストアや取扱店舗、オンラインショップなどでも手に入りやすく、使い続けることでより効果が実感できるため、くせ毛でお悩みの方の日々のケアに取り入れていただきたい商品です。

猫っ毛におすすめなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー」

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

猫っ毛は、その細さと柔らかさからスタイリングが難しくなることがありますが、「unlabel LAB ビタミンC誘導体 美容液 シャンプー」との出会いが、その悩みを解消します。

ビタミンC誘導体が配合されており、抜け毛や切れ毛を防ぎ、髪のダメージケアにも効果を発揮。また、抗酸化作用で頭皮環境を整え、健康的な髪の成長をサポートします。

さらに、このシャンプーは髪にコシを与える成分をバランスよく配合することで、猫っ毛特有の扱いにくさを改善。ボリューム感を出しながらも自然な仕上がりになり、朝のスタイリングも格段に楽になります。アンレーベルラボの中でもビタミンCを謳ったこの製品は効果や口コミ評価も高く、特に頭皮ケアを重視する方からの支持を集めています。

剛毛におすすめなら「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

剛毛の方にとって髪が硬く扱いにくいというのは日常的な悩みです。そんな悩みを持つ方に向けて提案するのが「nlabel LAB モイストケア集中美容液シャンプー」。十分な潤滑性と優れた保湿効果で、剛毛によるぎこちなさを和らげることができます。

実際の利用者の口コミを見ても、頭皮への優しさはもちろん、しっとりとした洗髪感が評価されています。剛毛の方は髪が重くなりがちですが、このシャンプーはヘアオイルやアンレーベルラボの他のケアアイテムと組み合わせることで、ケア後のボリューム感やまとまり、柔らかさもアップします。

アンレーベルラボ シャンプー 取扱店は多岐にわたり、マツキヨやドンキ、スギ薬局などで購入可能です。金木犀の香りバリエーションもあり、日常のケアを楽しく演出。さらに、シャンプーだけでなく、ヘアオイルなどのアフターケア製品とセットで使うとより効果が期待でき、剛毛の方の髪質改善に寄与するでしょう。

エイジングケアなら「どちらでもあり」

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

年齢を重ねるごとに変化する髪質や頭皮の悩みに応じたケアが求められるようになります。アンレーベルラボでは、エイジングケアを意識した製品を取り揃えており、「どちらのシャンプーも」に当てはまる特徴を持っています。
効果的なエイジングケアを実現するためには、美容液成分が豊富に含まれていること、また保湿と頭皮環境の改善がカギとなります。モイストケア集中美容液シャンプーは、その名の通り深い保湿力による潤いを提供。一方、ビタミンC誘導体 美容液 シャンプーは、抗酸化作用で頭皮を健やかに保ちます。

それぞれの製品にはアンレーベルラボの方針が反映されており、使い方においても自分に合ったケア方法を選びやすいのが特徴です。そして、使用感には個々の好みがあるものの、口コミを参考にすれば、あなたの求めるエイジングケアに最適なシャンプーが見つかるはずです。

香りで選ぶ

シャンプーを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。それでは、△シリーズの全種類の香りをご紹介しますね。

COモイストVリペア
アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介アンレーベルラボ シャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介
フローラルカシスフルーティームスク

個人的には、「unlabel LAB(アンレーベル ラボ)モイストケア集中美容液シャンプー」の香りが好きでした。

目次に戻る

【アンレーベルラボはどっちがいい?】個人的なおすすめは「モイストケア集中美容液シャンプー」

このシャンプーは私の髪にとって救世主とも言える存在です。使用後に感じる髪のツヤと保湿力の高さには毎回感動し、美容液成分の恩恵を実感できる逸品です。

保湿力が高くて効果性が高い

「アンレーベル ラボ」のモイストケア集中美容液シャンプーを初めて手に取ったとき、私が注目したのはその保湿力でした。乾燥気味の髪が常に気になる私にとって、保湿は日々のケアにおいて最も大切な要素です。このシャンプーには保湿成分が豊富に含まれており、その効果は一度使っただけで明らかです。洗髪後の髪はしっとりと潤い、指通りもなめらかになりました。

さらに、ユーザーの口コミを調べてみると、同じように保湿力の高さを感じている方が多いことがわかります。髪質改善を求める多くの人に愛されている理由がここにあるようです。アンレーベルラボの効果は、単に表面的なものではなく、髪を根本から健康に導くことに貢献していると実感しています。

洗い心地も髪の仕上がりも良い

美容液シャンプーと聞くと、洗浄力が弱いのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、このシャンプーに限ってはそんな心配は無用です。髪に満遍なく泡立ち、余計な油分や汚れをしっかりと落としつつ、必要な潤いは保ってくれるので、洗い心地は爽快そのものです。使用後の髪はサラサラとしており、重たくなりがちなトリートメントを使用しなくても、髪が軽やかに仕上がります。

また、アンレーベルラボのシャンプーに含まれる成分には、ビタミンCやセラミドなどの美容成分も配合されており、髪だけでなく頭皮環境にも良い影響を与えます。これは、長期的な髪質の向上にもつながり、日々のヘアケアにおいて大きなアドバンテージとなっています。

ベタッとした印象はないので使いやすい

保湿重視の製品にありがちなのが、使用感のベタつきですが、アンレーベル ラボ モイストケア集中美容液シャンプーを実際に使ってみると、そんな心配は無用でした。髪に必要な潤いはしっかりとキープしながらも、髪の表面はべたつかず、サラッとした仕上がりを実現しています。

取扱店もマツキヨやドンキ、スギ薬局など、身近なドラッグストアで手に入るためアクセスしやすく、オンラインショップでもよく見かけます。どれを選ぶべきか迷った時も、アンレーベルラボのラインナップの中で「モイスト」や「金木犀」など、香りや特徴を確かめて選ぶ楽しさがあります。

さらに、美容師が推奨している商品であることも信頼性を高めています。私がこれをおすすめする最大の理由は、高い保湿効果と素晴らしい使用感にありますが、口コミや専門家の推奨も、このシャンプーの人気を物語っていると言えるでしょう。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーの効果的な使い方

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

もし、頭皮をスッキリさせるためや、よりキレイにするために、”ゴシゴシと洗ってる”という人がいたら、少し待ってください。

実は、シャンプーをゴシゴシしなくても汚れは簡単に落ちるものなのです。

むしろ、圧をかけた力強いシャンプーは頭皮を傷つけ、さらに髪への負担になったりもしてしまうことになるのです。

「髪を優しく、丁寧に扱う」ことを意識していけば、必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

POINT

ブラッシング

ブラッシングで髪の汚れ・絡まりをとる

シャンプー前に汚れを落として絡まりを防ぐ効果もあります。少し粗い大きめのブラシもしくは、クシでとかしてあげましょう。

POINT

流し(すすぎ)

ぬるま湯でしっかりと洗い流す
  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。
  • 最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

すすぎは約2〜3分前後を目安に指の腹でやさしくやってあげましょう。

よく汗をかいた後や、スタイリング剤がついてるなどの場合は、皮脂などの油分が邪魔してシャンプーがなかなか泡立ちません。ですが、髪の汚れの大半はこの流しだけでとれるといわれています。ほとんどの汚れはお湯のみで落ちるのです。

流しでは、しっかりと8割の汚れを落とし、残り2割をシャンプーで落としてあげるようなイメージが大切です。

POINT

シャンプーはしっかりと泡立てる

  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 一気に出しすぎない

泡立てがしっかりしていれば、シャンプー中の髪の指通りがよくなり、髪への負担が軽減されます。

多くの人は、シャンプーをするときには、何も考えずに洗髪をしてしまいますが、髪というのはとても繊細でデリケートです。たとえば、髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって、泡立てをする摩擦によって髪には負担になってしまいます。

シャンプーの泡立てをするときには、手の上にシャンプーが溢れない程度(100円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしてから髪につけるようにしましょう。

泡立てる時の手の動き

定期的に空気をいれながら、円を描くようにしてあげると、泡が立ちやすくなるので実践してみてください。うまくいかない場合は洗顔用の泡立てネットを使って泡立てるのも効果的です。とても大きく優しくなります。

いい泡でシャンプーができるようになると、髪の毛や頭皮を綺麗な状態をキープしやすくなるだけでなく、ダメージ予防、トラブル予防になります。

POINT

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

実は、髪についている汚れなどは、あまりシャンプーは必要なくて、シャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが、頭皮の汚れなのです。

頭皮をメインにシャンプーで洗って、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

  • 髪は指を通す程度
  • 頭皮はもみ洗い、こすり洗い
  • 耳周りや首周りをよく洗いましょう

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は指の腹の部分で洗う

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと傷がついてしまって、さらに炎症をおこす恐れもあるので、指のはらの部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じく、とても繊細でデリケートになっていますので、優しく丁寧なシャンプーを心がけましょう。

POINT

トリートメントもやさしく丁寧に

水分により髪のキューティクルは開き、髪のすべりが悪くなるために摩擦がおきやすいので、トリートメントでキレイにしていきましょう。トリートメントをする時は、頭皮の根本付近の髪から毛先にかけて、手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。ブラッシング用のクシもあれば完璧です。

さらに、両手のひらで優しく間に挟み、すべらすようにして整えてあげるのも効果的です。

POINT

最後のすすぎ

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。

最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。

これらのことを工夫していきましょう。

目次に戻る

unlabel LAB(アンレーベル ラボ) シャンプーのよくある質問集(Q&A)

アンレーベルラボのシャンプーはどんな効果がありますか?

アンレーベルラボのシャンプーは、頭皮や髪の毛の健康を促進するために開発された製品で、保湿成分や栄養成分を豊富に含んでいます。髪のハリやコシを取り戻し、さらに頭皮環境を整える効果が期待されます。

目次に戻る

あとがき

きし

アンレーベルラボのシャンプーは、ヘアケアだけでなく全体的なリラックス効果をもたらす商品です。多くの口コミでもその効果が語られており、ユーザーの間ではどれが良いか比較する声も多く聞かれます。また、アンレーベルラボのビタミンCやレチノール含有製品など、成分にも注目が集まっています。

実際に使い、その実感を肌で感じることが一番の選び方ではないでしょうか。アンレーベルラボ シャンプー モイストやビタミンC誘導体シャンプーはドラックストアやオンラインショップでも購入可能です。また、お試しサイズを提供している店舗もありますので、初めての方はそちらで試してみるのも良いでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次