MENU
おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

シャンプー剤にあるサルフェートフリーの意味と解釈の仕方について

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

きしです。「1から学ぶ美髪つくりの方法(シャンプー編)」の9回目の記事になります。

ここでコアなようで最近増えてきている「サルフェートフリー」の見解についてもお伝えします。

とくに市販シャンプーを中心に増えてきているこのサルフェートというワードを徹底的に分かりやすく解説します。

シャンプーに「サルフェートフリー」って書いてあるのを見かけたんだけど、サルフェートって何?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容
  1. シャンプーにあるサルフェートやサルフェートフリーの解説

先日、いち髪を使っているお客さまから上記のような質問をいただきました。

最新のシャンプーには「サルフェートフリー」と記載されています。しかしサルフェートって言われてもピンとくる人は少ないです。

この記事でわかること
  • サルフェートの特徴の解説
  • サルフェートフリーが良いシャンプー
  • 選び方と決め方

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

サルフェートとは?

きし

サルフェートとは、日本語にすると硫酸塩というもので普段飲んでいる水などにも含まれている成分の1つです。

ひろせ

それがシャンプーにも含まれるサルフェート系界面活性剤が今回のテーマになります。

サルフェート(硫酸塩)とは、ミネラルウォーターなどに含まれるミネラルやマグネシウムなどになり、ミネラル成分と硫酸基が結合してできた成分のことを言います。

サルフェートの目的となるのは、デトックス(老廃物の排出)が目的にです。身体の中にある不要なものを取り出してくれる効果があります。

とは言え、これはあくまでも一般的な成分になります。

シャンプーに関してのサルフェートというのはサルフェート系洗浄成分のことを指します

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウレス−2硫酸アンモニウム

などのことを「サルフェート系洗浄成分」としてカテゴライズされていて、安価な成分なので多用されることが多く、とくに市販シャンプーにはよく見かける成分です。

そんな強い成分がないシャンプーのことをサルフェートフリーと表記し、これらの洗浄力が強い成分を構成していないことを指していることになります。

サルフェートフリーとは「硫酸系化合物を含まない」という意味

上記でお話したように、「ラウレス〇〇系」の成分というのは、泡立ちもよくしっかりと汚れをとってくるメリットの反面では、汚れでなく頭皮に必要とされる皮脂や表皮でさえも取り除き、髪にとっても刺激が強くダメージの原因ともなりえることから、構成されているシャンプーは「ダメなシャンプー」とされています。

こういった悪いとされる要素となる成分を構成していないシャンプーを「サルフェートフリー」として販売していることが多くなっています。

シャンプー部門では悪いモノ扱いされているが悪いだけの成分の内容について

ひろせ

サルフェートという成分でもたらしてくれる最大の特徴としてはデトックス効果というものがあります。

サルフェートとは「硫酸塩」のことですが、この硫酸というワードが悪く感じられやすいこともあります。

しかし、それほど悪いものではなく、身体の不要な老廃物をデトックスしてくれたり、美肌を作るために新陳代謝を上げてくれる効果があります。やはり「硫酸」というワードが悪く感じさせているんでしょう。

それだけでなくシャンプーの硫酸系界面活性にも配合されていることもあるので、伝えやすいのもありサルフェートフリーというワードにしたということになります。

目次に戻る

「サルフェートフリー」は良いシャンプー?

きし

それでは本題でもある、サルフェートフリーのシャンプーの良し悪しについてお話していくと、それほど深く考える必要はないと考えています。

ひろせ

サルフェートフリーだから良いとかサルフェートが入っているから悪いといった見方は間違いだということです。「あ〜このシャンプー、サルフェートフリーなんだ〜」程度の感じです。

最近の新しい市販シャンプーで記載されていることが多い「サルフェートフリー」。やはり、販売する時の1つのアプローチするポイントにしているような感じです。

例えば、今回の場合はいち髪のシリーズに記載されていましたが、昔(15年ほど前)にを始めたばかりの頃、いち髪のシャンプーを使った時には、言い方は悪いですがもっと劣悪なシャンプーだった記憶があります。

サロンシャンプーを使いはじめてシャンプーの良さを知ったぼくは、お世辞にも良いシャンプーだと言えませんでした。しかし、今は時代が変わり市販のシャンプーも普通に使えるものが増えてきました。いち髪のシャンプーも実際に使ってみましたが、普通に良い感じに使えることに時代が変わったんだなと感じました。

サルフェートフリーとは一般の方にも時代の変化を知ってほしい美容業界全体が生み出したサインのようなものです。

サルフェートが入っているから悪いシャンプーではない

ひろせ

結局のところ、サルフェート系洗浄成分が入っているから良いとか悪いとかの問題ではないということ。

一時期というか今でもですが、シリコンは悪でノンシリコンは正義というような風潮がありましたが、それと限りなく似ているものだと感じています。

シャンプーやトリートメントにとって、シリコンにもノンシリコンにもメリットもあればデメリットがあります。

同じくサルフェート系成分にも同じことが言えます。

あくまでもシャンプー構成のバランスが大事になっていくと考えています。

目次に戻る

あとがき

きし

まとめると、サルフェートフリーシャンプーだから良い悪いというものでもないです。

ひろせ

あくまでも、目安というような考え方になります。

この記事のまとめ
  • サルフェートは基本的に良い成分でデトックス効果のあるもの
  • シャンプーでは「硫酸系界面活性剤」がサルフェート系洗浄成分になる
  • 洗浄力の強いシャンプーではないという目安

今回の内容は、シリコンやノンシリコンのようにどちらが良いなどの話と同じように、あくまでも目安の1つだということです。

つまりサルフェートフリーだから良いシャンプーというわけでもないし、サルフェート入りシャンプーだから悪いシャンプーというわけでもありません

サルフェートフリーと記載されていたら、「ちょっと優しいシャンプーなんだ」と感じるぐらいでよいかと。

あくまでも、髪質や頭皮に合ったシャンプーを選ぶべきだと考えます。こんな感じで以上。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次