MENU

縮毛矯正とストレートパーマの違い!美容師が教えるそれぞれの特徴とメリット

縮毛矯正とストレートパーマって違うの?どう違うのかを教えてほしい。

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正とストレートパーマの違いの解説

意外に知らないことが多いのが、縮毛矯正とストレートパーマの違いの質問。

しかし、このストレートパーマと縮毛矯正には大きな違いがあります。

そこで、知らない方のために失敗しないために、ストレートと縮毛矯正の違いについて分かりやすくお話します。一緒にそれぞれの特徴に基づいてメリットとデメリットもお伝えします。


ドラッグストアの市販品・美容室のサロン専売品などさまざまなシャンプーの中から、縮毛矯正をした髪におすすめのシャンプーランキングを美容師が厳選。下記事もチェック!

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)」の違い

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)」の違い
きし

縮毛矯正とストレートパーマのそれぞれの特徴をお話していきます。

廣瀬

悩みに合わせたり、したいヘアスタイルによって使い分けるのが基本的な選び方になります。

「ストレートパーマと縮毛矯正は違うの?」って質問はほんと多いです。

それほどストレートパーマ=縮毛矯正という認識が強いみたいですが、この2つは全くの別物なの解説していきます。

縮毛矯正の特徴

縮毛矯正の特徴
きし

縮毛矯正はくせ毛をキレイにストレートにするためのメニューです。

ストレートヘアにするなら、ほとんどは「縮毛矯正」というメニューを選ぶべきです。

なぜかと言うと、くせ毛をキレイにストレートにするのは縮毛矯正だからです。

縮毛矯正の最も重要になるのは、ヘアアイロンを使用して髪をストレートヘアに仕上げていく熱処理です。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき
きし

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

廣瀬

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

ストレートパーマのメリット
  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

逆に、ストレートパーマのデメリットはあまりなく、ダメージも少ない優秀なメニューと言えます。

個人的にかなり良いメニューだと考えています。

くせ毛を伸ばすことはできないですが、そもそもこのストレートパーマはくせ毛をキレイにするものではありませんからね。

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

逆に、縮毛矯正は色々デメリットがあるので、ある程度は考えておくべきです。

それぞれを分かりやすくメリットとしても並べてみました。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

それぞれの目的が違う

それぞれの目的が違う
きし

ストレートパーマと縮毛矯正の大きな違いは、「目的」が違うということです。

ストレートパーマとは、髪にあるカールやウェーブのパーマを落とす元々の地毛状態に戻したい時やボリュームを削るという時に使います。

そして、縮毛矯正とは、元々の髪質にはくせ毛があり、ストレートヘアに矯正をしたい時にかけます。

髪をストレートにするという面では同じことですが、元々の髪にあるくせやパーマに強さによってかける目的が変わります、まずは目的を明確にすることが大切です。

髪へのダメージが違う

髪へのダメージが違う
きし

ストレートパーマと縮毛矯正の違いには、髪へのダメージの大きさが違うということがあります。

ストレートパーマ専用の剤でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は薬剤だけでなく、ストレートアイロンを使用し熱処理を矯正します。

矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪へのダメージがとても大きくなります

一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪のダメージは少ないですが、もともとの髪質に戻すぐらいの効果しかなく、くせ毛を伸ばすことはできません。

目次に戻る

それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリット
きし

次に、それぞれのメリットとデメリットも合わせてお伝えします。

廣瀬

それぞれの特性があり、メリットも同じくあります。

ストレートパーマにもメリットがあり、縮毛矯正にもメリットがそれぞれあります。そのメリットを考えることも大切です。

ストレートパーマのメリット
  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

逆に、ストレートパーマのデメリットはあまりなく、ダメージも少ない優秀なメニューと言えます。

個人的にかなり良いメニューだと考えています。

くせ毛を伸ばすことはできないですが、そもそもこのストレートパーマはくせ毛をキレイにするものではありませんからね。

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

逆に、縮毛矯正は色々デメリットがあるので、ある程度は考えておくべきです。

それぞれを分かりやすくメリットとしても並べてみました。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

POINT

専用の薬剤をつけて、毛髪にある結合を切断・再結合させ、その毛髪が持つ重力の抵抗をそのまま形状させる技術です。 今では多くが「パーマ戻し」という風に呼ばれています。

強いくせ毛や強いパーマはきちんととれることはありませんが、髪のもつナチュラルな仕上がりを再現します。

パーマもかかり具合によっては、とれないor施術した後は真っ直ぐな髪でもそのうちとれてくるというケースもよくあります。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

それぞれの目的が違う

それぞれの目的が違う

ストレートパーマと縮毛矯正の大きな違いは、「目的」が違うということです。

ストレートパーマとは、髪にあるカールやウェーブのパーマを落とす元々の地毛状態に戻したい時やボリュームを削るという時に使います。

そして、縮毛矯正とは、元々の髪質にはくせ毛があり、ストレートヘアに矯正をしたい時にかけます。

髪をストレートにするという面では同じことですが、元々の髪にあるくせやパーマに強さによってかける目的が変わります、まずは目的を明確にすることが大切です。

髪へのダメージが違う

髪へのダメージが違う

ストレートパーマと縮毛矯正の違いには、髪へのダメージの大きさが違うということがあります。

ストレートパーマ専用の剤でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は薬剤だけでなく、ストレートアイロンを使用し熱処理を矯正します。

矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪へのダメージがとても大きくなります

一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪のダメージは少ないですが、もともとの髪質に戻すぐらいの効果しかなく、くせ毛を伸ばすことはできません。

目次に戻る

それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリット

次に、それぞれのメリットとデメリットも合わせてお伝えします。

それぞれの特性があり、メリットも同じくあります。

ストレートパーマにもメリットがあり、縮毛矯正にもメリットがそれぞれあります。そのメリットを考えることも大切です。

ストレートパーマのメリット
  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

逆に、ストレートパーマのデメリットはあまりなく、ダメージも少ない優秀なメニューと言えます。

個人的にかなり良いメニューだと考えています。

くせ毛を伸ばすことはできないですが、そもそもこのストレートパーマはくせ毛をキレイにするものではありませんからね。

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

逆に、縮毛矯正は色々デメリットがあるので、ある程度は考えておくべきです。

それぞれを分かりやすくメリットとしても並べてみました。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

POINT
  • 料金相場は10,000〜15,000円くらい
  • 施術時間は3〜4時間程度
  • くせ毛の度合いによってはかかり具合は違う

ストレートパーマの特徴

ストレートパーマの特徴
きし

ストレートパーマの特徴は、パーマをキレイに落とすためのメニューです。

ストレートパーマという名前ですが、くせ毛をストレートにするメニューではなく、パーマ毛をパーマをする以前の髪に戻すメニューです。

POINT

専用の薬剤をつけて、毛髪にある結合を切断・再結合させ、その毛髪が持つ重力の抵抗をそのまま形状させる技術です。 今では多くが「パーマ戻し」という風に呼ばれています。

強いくせ毛や強いパーマはきちんととれることはありませんが、髪のもつナチュラルな仕上がりを再現します。

パーマもかかり具合によっては、とれないor施術した後は真っ直ぐな髪でもそのうちとれてくるというケースもよくあります。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

それぞれの目的が違う

それぞれの目的が違う

ストレートパーマと縮毛矯正の大きな違いは、「目的」が違うということです。

ストレートパーマとは、髪にあるカールやウェーブのパーマを落とす元々の地毛状態に戻したい時やボリュームを削るという時に使います。

そして、縮毛矯正とは、元々の髪質にはくせ毛があり、ストレートヘアに矯正をしたい時にかけます。

髪をストレートにするという面では同じことですが、元々の髪にあるくせやパーマに強さによってかける目的が変わります、まずは目的を明確にすることが大切です。

髪へのダメージが違う

髪へのダメージが違う

ストレートパーマと縮毛矯正の違いには、髪へのダメージの大きさが違うということがあります。

ストレートパーマ専用の剤でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は薬剤だけでなく、ストレートアイロンを使用し熱処理を矯正します。

矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪へのダメージがとても大きくなります

一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪のダメージは少ないですが、もともとの髪質に戻すぐらいの効果しかなく、くせ毛を伸ばすことはできません。

目次に戻る

それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリット

次に、それぞれのメリットとデメリットも合わせてお伝えします。

それぞれの特性があり、メリットも同じくあります。

ストレートパーマにもメリットがあり、縮毛矯正にもメリットがそれぞれあります。そのメリットを考えることも大切です。

ストレートパーマのメリット
  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

逆に、ストレートパーマのデメリットはあまりなく、ダメージも少ない優秀なメニューと言えます。

個人的にかなり良いメニューだと考えています。

くせ毛を伸ばすことはできないですが、そもそもこのストレートパーマはくせ毛をキレイにするものではありませんからね。

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

逆に、縮毛矯正は色々デメリットがあるので、ある程度は考えておくべきです。

それぞれを分かりやすくメリットとしても並べてみました。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

POINT

約180度(髪の状態に合わせて変える)のプレートで髪を挟み、髪をプレスして動きのあるくせ毛を矯正する技術。 髪を0.5〜1㎝ほどのパネルでアイロンしていくため、かなり強力なくせ毛もキレイなストレートヘアにすることが可能になります。

しかし、反対に他のメニューに比べて、時間がかかったり、料金が高額になっているのも特徴の1つです。

それでも得られる恩恵が料金に見合っているために、根強い人気のある美容メニューの1つとなっています。

縮毛矯正の特徴

POINT
  • 料金相場は10,000〜15,000円くらい
  • 施術時間は3〜4時間程度
  • くせ毛の度合いによってはかかり具合は違う

ストレートパーマの特徴

ストレートパーマの特徴

ストレートパーマの特徴は、パーマをキレイに落とすためのメニューです。

ストレートパーマという名前ですが、くせ毛をストレートにするメニューではなく、パーマ毛をパーマをする以前の髪に戻すメニューです。

POINT

専用の薬剤をつけて、毛髪にある結合を切断・再結合させ、その毛髪が持つ重力の抵抗をそのまま形状させる技術です。 今では多くが「パーマ戻し」という風に呼ばれています。

強いくせ毛や強いパーマはきちんととれることはありませんが、髪のもつナチュラルな仕上がりを再現します。

パーマもかかり具合によっては、とれないor施術した後は真っ直ぐな髪でもそのうちとれてくるというケースもよくあります。

ストレートパーマの特徴
  • 基本的にはパーマを落とすメニュー
  • 施術時間は1〜2時間程度
  • くせ毛をキレイにはできない

それぞれの目的が違う

それぞれの目的が違う

ストレートパーマと縮毛矯正の大きな違いは、「目的」が違うということです。

ストレートパーマとは、髪にあるカールやウェーブのパーマを落とす元々の地毛状態に戻したい時やボリュームを削るという時に使います。

そして、縮毛矯正とは、元々の髪質にはくせ毛があり、ストレートヘアに矯正をしたい時にかけます。

髪をストレートにするという面では同じことですが、元々の髪にあるくせやパーマに強さによってかける目的が変わります、まずは目的を明確にすることが大切です。

髪へのダメージが違う

髪へのダメージが違う

ストレートパーマと縮毛矯正の違いには、髪へのダメージの大きさが違うということがあります。

ストレートパーマ専用の剤でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は薬剤だけでなく、ストレートアイロンを使用し熱処理を矯正します。

矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪へのダメージがとても大きくなります

一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪のダメージは少ないですが、もともとの髪質に戻すぐらいの効果しかなく、くせ毛を伸ばすことはできません。

目次に戻る

それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリット

次に、それぞれのメリットとデメリットも合わせてお伝えします。

それぞれの特性があり、メリットも同じくあります。

ストレートパーマにもメリットがあり、縮毛矯正にもメリットがそれぞれあります。そのメリットを考えることも大切です。

ストレートパーマのメリット
  • パーマを落としたい
  • リーズナブルに済ませれる
  • 施術時間が早い
  • 髪のダメージが少ない
  • コテで巻いたりストレートヘアも楽しめる

逆に、ストレートパーマのデメリットはあまりなく、ダメージも少ない優秀なメニューと言えます。

個人的にかなり良いメニューだと考えています。

くせ毛を伸ばすことはできないですが、そもそもこのストレートパーマはくせ毛をキレイにするものではありませんからね。

縮毛矯正のメリット

  • 髪のくせが強くてもキレイにストレートになる
  • 長期間、ストレートを保てる
  • ボリュームをしっかり収められる
  • ある程度のくせでもしっかりと対応できる

逆に、縮毛矯正は色々デメリットがあるので、ある程度は考えておくべきです。

それぞれを分かりやすくメリットとしても並べてみました。

POINT

それぞれができないことがあるというわけではなく、ストレートパーマより強力なものが縮毛矯正となります。

つまり、「ストレートパーマ」→「縮毛矯正」の順になっているというわけです。

目次に戻る

あとがき

あとがき

今回の記事では、ストレートパーマと縮毛矯正との違いをお話してみました。

どちらが良いとかではなく、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。

まとめ
  1. くせ毛をキレイにするのは「縮毛矯正」
  2. パーマをキレイにするのは「ストレートパーマ」
  3. 価格・時間なども差がある

ストレートパーマが良いのか、縮毛矯正が良いのか、というのはお門違いでして、できることがそもそも違うので、目的に合わせてするという考え方になります。

何も知らずにストレートやら矯正やらを髪にしてしまうと、髪には負担がけが残ってしまいます、そのためそれぞれの違いを理解しておきましょう。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次